福井に新しい光を!やまうら光一郎オフィシャルホームページ

活動報告

県政報告書第1版作成!

2020年03月31日
お知らせ
去年4月に県会議員に当選させていただいてからほぼ1年。手探りながら色々活動させていただきました。
そのまとめとして、県政報告書第1版を作成させていただき、31日の福井新聞と日刊県民福井の各朝刊に折り込みをさせてもらいます!
期せずして新型コロナウイルスで日本全体が大変な状況での発行となり、1ページ目はコロナ関係なのですが、24日お昼付でビラの原稿を作ったため、「福井はまだ1例のみですが」と書いています。しかし、その後の急速な拡大で緊迫度が一気に増し、福井県でも、医療体制が整っているか、皆さんに3密をいかに避けてもらうか、その一方で経済への打撃をいかに最小限にするかといったことがより切迫した課題となっています。
これらの点に関して、政治としてどういったことができるのか、すべきなのか、私としても色々思案しているところですが、ぜひ県民の皆様のご意見もいただければありがたいです!



>>PDFはこちら

犯罪被害者等支援条例の制定へ!

2020年02月27日
お知らせ
私は、私は県会議員として活動させていただいている一方で、弁護士登録もしており、弁護士会の活動のいくつかの委員会活動にも参加しています。その1つに、犯罪被害者支援委員会であり、犯罪被害者の方々が置かれた状況がいかに厳しいか痛感しています。そういった方々を救うため、犯罪被害者等支援条例の制定を県議会で提案しました。
そうしたところ、知事から「提案を受けて今検討を進めているところであり、令和2年度中に議会に上程したい。」旨の答弁があり、また県警本部長も「制定に向けて積極的に協力したい。」旨の答弁がありました!弁護士会としても積極的に協力する予定です! 

犯罪被害者等支援条例の制定へ!新聞記事
2020年2月28日福井新聞掲載紙面

具体例
  • 自宅で強盗罪や殺人未遂罪等の被害に遭った方は、精神的に同じ場所に住み続けることができず転居を余儀なくされることが少なくありません。
  • ご家族が犯罪の被害に遭われ亡くなられた方は、乳幼児がいるため、弁護士事務所での相談や、裁判所への出廷など、様々な手続きが困難な状態になっています。
  • 他の市での例ですが、ある方は3歳の娘さんを見知らぬ大学生に殺害され、これ以上子供を奪われることが怖くなり、遺された他の子供たちを学校に行かせることができなくなり、さらには2か月間家族全員で家に閉じこもってしまいました。
こういった方々に、支援の手を!

犯罪被害者等支援条例の制定

福井新聞朝刊「若手議員懇談会」

2019年10月19日
お知らせ
東京出張中でご報告が遅くなりましたが、今週木曜と金曜の福井新聞朝刊で、私も参加させていただいた「若手議員懇談会」の模様が掲載されました。福井ご出身の若新さんのコーディネートの元、ざっくばらんにお話をさせていただきましたので、宜しければ是非ご覧ください!
なお、福井新聞のD刊には全文が掲載されるようです。

福井新聞「若手議員懇談会」

当選証書の受け取り

2019年04月10日
お知らせ
今日は、当選証書の受け取りの日でした。改めて、気が引き締まります!
2つ目の写真は、鯖江市から当選された、山本建さんとの熱いツーショットです笑!
これから一緒に頑張っていきたいです。

当選証書受け取り 当選証書受け取り

福井県議会議員選挙に当選させていただきました!

2019年04月08日
お知らせ
8293票いただき、福井県議会議員選挙に当選させていただきました!
皆様、本当に本当にありがとうございます。
これがスタートだと思いますので、精一杯頑張っていきます!