福井に新しい光を!やまうら光一郎オフィシャルホームページ

活動報告

<一般質問の様子>
こちら令和3年度2月定例会の様子です。
私が一般質問のトップバッターを務めました!

☞過去の一般質問の様子はコチラから!

病床の多い日本でなぜ医療崩壊が起きるのか

1月10日の東洋経済です。
1月7日に2度目となる緊急事態宣言が発令された。宣言解除のカギとなるのが、病床の逼迫が解消されることだ。日本は人口当たりの病床数が諸外国の中でも多く、感染者数が圧倒的に多い欧米よりも病床の逼迫度は薄いようにみえる。
そうであるのに、日本でなぜ「医療崩壊」の危機が叫ばれるのか。医療体制に関する法制度の専門家で、現役の内科医でもある東京大学法学部の米村滋人教授に話を聞いた。(インタビューは1月6日に実施した)。

新型コロナウイルスの免疫について

以下はNewsweekの記事です。
正しいことを祈ります。
<「新型コロナウイルス感染症から回復した人は最大8ヶ月にわたって獲得免疫を保持している」ことを示す研究結果が明らかとなった......>

小規模事業者等再起応援金と議会の役割について

一般質問の速報版が出ました!
https://www.pref.fukui.lg.jp/doc/036050/shitsumon-chukei/202009-ippan2.html

取り上げたテーマは前回投稿させてもらったように、
  • 小規模事業者等再起応援金
  • コロナ感染防止ステッカーを貼っている店舗のチェック状況
  • 犯罪被害者支援条例における財政的支援
  • 経済活性化(朝倉氏遺跡とIT化)
  • 雇用状況
で、2番目のステッカーについては福井新聞も取り上げてくれました!
ただ、今回は、1つ目の小規模事業者等再起応援金について詳しく。
  • 保険外交員の方々は、保険会社に雇われているという形はとりつつも、その収入は、大部分、場合によっては全てが業績連動制で、今回のコロナ危機で大きく収入を落とした方が多数いらっしゃる。
  • 保険外交員の方々の多くが、税務申告を給与所得ではなく事業所得で行って、事業税を支払っている。
  • にもかかわらず、応援金を申請したところ、拒否された。
  • これに対して、理事者側は
  • 雇用契約があるのであれば、業績給でお給料をもらっている場合でも、(業績給は変動はあるものの)法律上最低限の賃金は支払われることになっているので、厳しい財政状況の中で不支給とせざるを得なかった。
という説明をしています。確かに、この場合、タクシーの運転手の方とか、自動車とか不動産を売ってらっしゃる営業職の方とかも、保険外交員の方と同じ構図ですが、私は、応援金制度の本来の趣旨は、収入のリスクが大きい人を救済するということにあったと考えると、支給対象を広げるべきだったと思います。皆さん、どう思われますか。
あと、こういう問題は究極的には財政問題なのですが、「財政的に厳しいから、この範囲にさせてもらいたい。」という理事者からの提案をOKするかどうかだけ判断するのはどうなんでしょうか。どの範囲に支給するとどれくらいの財政負担になるかを事前に議会で検討していくべきだと思いましたので、その方向でいろいろ検討してみたいと思います!

一般質問(FBCでも出ます)

こんにちは!明日から県議会の一般質問です。
トップバッターの清水さんに引き続き、10時半から30分間一般質問をさせていただきます。FBCでも放送してもらえますので、是非ご覧いただければ!
テーマとしては以下の通りです。もちろん、基本的にコロナ関連の質問です。
〇経済補償の範囲とその妥当性
1000平方メートル以下かどうかや、100平方メートル以下かどうかで機械的に分けたのは妥当なのか等
〇コロナ後の経済社会を見据えた経済対策
今度需要が高まると予想される、自動ロボット特区などを申請してはどうか等
〇今後の県内プロジェクトに対する影響
福井駅前再開発や恐竜博物館の増改築等の大型プロジェクトに対する影響等
〇教育(遠隔授業の継続)
遠隔授業等も継続的に推進していくことの是非等
〇DV等の犯罪状況の把握
〇コロナ対策の成果の検証
詳しくは追ってアップします!

学校再開

明日からようやく学校が再開しますね。今週、仕事をしていると、子供たちが登校・下校している姿が見えてすごく嬉しかったです。
今朝のタイムリー福井でも学校再開が取り上げられ、同僚の渡辺先生が出ておられました。また、校長先生代表は地元で我が母校宝永小学校の吉田先生!
学校でも一人一人の距離をあけるなど対応は大変ですが、北九州では学校でクラスターが起きたということですから、子供たち同士でも移らないとは限らないのかもしれず、必要なことですね。

学校再開01

学校再開02

学校再開03