福井に新しい光を!やまうら光一郎オフィシャルホームページ

活動報告

当番弁護士制度

2020年04月17日
日々の活動
コロナ関係で目が回る忙しさですが(もちろん、ふらふら外出しているというわけではないです)、それでも弁護士としての当番が回ってきます。
当番弁護士制度という、逮捕・勾留された人に対して迅速に弁護士が助言しに行くという制度があり、先日その順番が回ってきました。

当日の順位からすれば、普通に事件の配転がなされそうなものだったのでいつでも出られるように準備していたのですが、法テラスからは全然電話がかかってきませんでした。やはり外出自粛で皆さん家にいるから、犯罪も減ったのでしょうか。

一方で、海外ではDVが増えているというショッキングなニュースもあったので、もしかしたら見えないところで犯罪が増えてしまっているのかもしれません。こういったところにもアンテナを張り続けることが政治の役割だと思います。

雇用調整助成金

雇用調整助成金の支給が煩雑で遅いという声を多くお聞きしますが、先週厚労省が制度を改正しました。
まだまだ不十分なところもあると思いますが、少しでも早く多くの事業者が受け取れるよう、改正箇所をまとめた紙をアップします。

助成金

(以下、各項目の説明でやや細かくなります。)
  • 「生産指標要件」というのは典型的には売り上げです。
  • その次の「雇用保険被保険者でない労働者の休業も助成金の対象に含める」というのは、アルバイトといった雇用保険に入っていない方の休業も助成金の対象に含めるということです。
  • 「解雇等を行わない場合」というのは、「一切解雇等を行わない場合」の趣旨です。
  • クーリング期間というのは、一度この助成金をもらった後に再度もらうために空けるべき一定期間のことですが、その要件が撤廃されました。
  • 6か月以上前から雇っているのでなければ使えなかったのが、この要件は撤廃されました。
  • 同じ時間に従業員を休ませて初めて使えたのが、休ませる時間帯を従業員ごとに変えてもよくなりました。また、「休業規模要件」というのは総労働時間のうちどれくらい休ませると使えるようになるかという要件で、1月20日営業日だとすると、1/40というのは、1か月に半日の休業でも使えるようになったということです。
  • テレワークの使用状況等により、休業時間帯が増える一方で残業時間も増えるということもあり得ます。今までは、その場合残業代と相殺した金額しか支払われませんでしたが、そういったことが無くなりました。
助成金申請書類

福井の現状

タイムリー福井で杉本知事と池端県医師会長が出られていました。
まどまだ厳しい状態にあるので気を引き締めて行かなければならないということを改めて認識しました。

杉本知事 タイムリー福井

新型コロナウィルス対策・対応

非常に有用なサイトでした。
NHK特設サイト
HNK特設サイト「新型コロナウィルス」


活用したいと思います。
日々ウララおうちdeレストラン
日々ウララ「おうちdeレストラン/福井エリア」


素晴らしい取り組みをされています!
県としてもこういった様々な活動を応援させていただけないか、関係各署と協議しています。近々良いご報告ができるように頑張ります!
立ち上がれ福井
「立ち上がれ福井」


高校の先輩の活動です!
みんなの学校
教育支援ヒラーク「みんなの学校」

今年度、最終日

2020年03月31日
お知らせ
今年度も最終日になりました。
怒涛の一年間でしたが、皆さんのおかげでなんとかやってこれました。本当にまだまだ足りないところも多いかと思いますが、時間が許す限り精一杯仕事に向き合ってきたということだけは言えるのではと密かに自負しています。

来年度も宜しくお願いします!

最後に、福井弁護士会を出たところで、一枚。今年も桜がきれいに咲きましたね。新型コロナで大変な時期ですが、できることを1つずつやっていこうと思わせてくれます。

桜