福井に新しい光を!やまうら光一郎オフィシャルホームページ

政策

福井の産品・製品を県外・世界に売り込む

福井には、お米・越前がに・そば・日本酒をはじめとする多くのおいしい特産品や、特定分野で高いシェアと高い収益を誇る素晴らしい企業があります。
私は経済産業省(製造産業局)で日本企業の権利保護のために働いてきました。中国・トルコ・アラブ首長国連邦・サウジアラビア・イラクといった国々を政府代表として訪問し、様々な人たちと交流を重ねる中で、日本産品・製品のすばらしさが「信頼」というブランドになり、大きな強みとなっていることを痛感しました。
こうした経験を活かし、素晴らしい福井の産品・製品を積極的にアピールしていきます。

県政における透明性の向上や コンプライアンスの確保

近年、政務活動費の不正使用等によって、政治への信頼が大きく損なわれています。
私は弁護士として、企業の不祥事に対応してきた経験を踏まえ、福井県政の透明性向上とコンプライアンスの徹底に全力で取り組んでまいります。

教育や福祉等のさらなる充実

福井の宝は何よりも人であり、教育や福祉分野について、さらに施策を充実させていくべきだと考えています。
少子高齢化が急激にすすむなかで、若年期(特に幼少期)の教育環境の充実や、自立を促す福祉への移行を進めなければなりません。私はシカゴ大学留学中に政策の勉強を重ね、学んできた科学的な根拠に基づく政策を、教育や福祉を始めとする多くの分野で実施していくことをお約束します。

税制の変更

福井県は教育レベルが高いと言われている一方で、若年人口の流出という課題があります。
有用な人材を多数輩出しても県には還元されず、税制上でも県外に出た方は県外の居住地に納税されるため、(自発的な支払いにとどまるふるさと納税を除き)ふるさと福井への還元の仕組みがほとんどありません。これまで通り地方交付税に頼るのではなく、有用な人材を育てたことに対する正当な対価として、税金をふるさとに還元する新たな仕組みを国に提案し、福井の税収を豊かにしていきたいと考えています。